2007年11月05日

キリン 一番搾りスタウト(KIRIN IchibanShibori Stout)

←楽天ショップへ
メーカーのコメント
 スタウトならではの伝統的な特長である芳醇さと、現代のビールの味覚に求められる飲みやすさを一番搾り製法によって実現した、黒ビールの楽しさを広げる新しい時代のスタウトです。漆黒の色合いや、クリーミーな泡立ちも特長です。

テイスティングノート
香り
ホップ
 無、(少)、中、強
モルト
 無、少、中、(強)
フルーティーさ
 (無)、少、中、強


ホップの香り
 (無)、少、中、強
ホップの苦味
 無、(少)、中、強
麦の甘み
 無、少、(中)、強

ボディ
 ライト 1・2・3・(4)・5 フル
カラー
 ゴールド・カッパー・(ブラック)

個人的な感想
 キリン一番搾りのニューラインナップです。スタウトと言っていますが下面醗酵なので世界一般的に言えばスタウトではありません。
 香りは強烈な香ばしい麦の香り。濃厚なアイスコーヒーのような香りで飲む前からワクワクします。
 味わいはしっかりとした甘味で余韻も長くスッキリ感に背を向けたしっかりした味わいです。
 日本の法律では「濃色の麦芽を原料の一部に用い、色が濃く、香味が特に強いビール」であればスタウトと名乗っていい事になっているのでこのビールをスタウトと呼んでも問題はありませんが、一般の人がスタウトといって思い浮かべる味とは全くちがいます。むしろドイツのシュバルツといった方がイメージしやすい味ですが、じゃあシュバルツと書いて一般の方に分かるかといえばけしてそうは思いません。
 しかし、世界一般的にスタウトとは通じないビールでも日本ではスタウトと名乗っていることはすごく寂しい限りです・・・
 オススメ度は「見つけたら飲んでみよう!」

参考になったら「一票!」←BlogRankingをクリックして下さいね。

ビール - livedoor Blog 共通テーマ

p-0275522 at 14:24│Comments(0)TrackBack(0)clip!日本のビール 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔