2007年01月04日

トリングブリュワリー ブロック・ビター 樽(TringBrewery BrockBitter Microcask) 〜入荷〜

メーカーのコメント
 舌の上にほのかにキャラメルのような甘味を感じる少しだけブラウンがかったエールです。チャレンジャー種のホップの凛とした苦みと、ステアリングゴールド種のホップによるすがすがしい香が特徴です。

テイスティングノート
香り
ホップ
 無、少、(中)、強
モルト
 無、少、(中)、強
フルーティーさ
 (無)、少、中、強


ホップの香り
 無、(少)、中、強
ホップの苦味
 無、(少)、中、強
麦の甘み
 無、少、(中)、強

ボディ
 ライト 1・(2)・3・4・5 フル
カラー
 (ゴールド)・カッパー・ブラック

個人的な感想
 本場イギリスのビターは国内で造っている地ビールメーカーも殆どなくなかなか飲む機会がないのですが、半個人輸入で入れたこのエールはまさに本場のビターですね。
 香りはオレンジのような優しいイギリス産ホップの香り。麦の香りもします。
 味わいは苦みも感じますが印象としては瑞々しい味わいが一番心に残ります。余韻もすがすがしい感じで何杯飲んでも飲み飽きません。
 ビターとはイギリスでは「生ビール」のようにビール一般を指すことが多く、必ずしも苦いビールと言う意味ではありません。これを飲んでいただければその意味も分かってもらえると思います。
 オススメ度は「見つけたら飲んでみよう」
当店に入荷あり

参考になったら「一票!」←BlogRankingをクリックして下さいね。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔