2006年01月30日

OKOCIM PALONE(読み方不明)

6bc0f73b.jpgビールについて
 ポーランドのビール。麦を直火で焦がすことにより僅かな甘味と心地よい苦味を実現しました。








テイスティングノート
香り
ホップ
 無、(少)、中、強
モルト
 無、少、(中)、強
フルーティーさ
 (無)、少、中、強
その他に焙煎香が少し


ホップの香り
 無、(少)、中、強
ホップの苦味
 無、少、(中)、強
麦の甘み
 無、少、(中)、強
その他に焙煎香が少しと酸味が少し。

ボディ
 ライト 1・2・(3)・4・5 フル
カラー
 ゴールド・カッパー・(ブラック)

個人的な感想
 ドイツ旅行のお土産で戴きました。ポーランドのビールのようです。技術の発達したは現代では温風により麦を焙煎するので直火は使わないのですがこれは直火を使っているところがウリのようですね。
 香りは甘い麦の香り。何か麦だけではない甘い香りもします。その他に麦の焙煎香も少しあります。
 味わいは焦がした麦の苦味とホップの苦味。甘味もしっかりとあります。直火で焦がした麦がもたらす焙煎香と酸味が味を引き締めています。
オススメ度は「見つけたら飲んでみよう」

参考になったら「ガッテン!」←BlogRankingをクリックして下さいね。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔