2005年12月30日

ギネス フォーリン・エキストラ・スタウト(Guinness, Foreign Extra Stout) 〜入荷〜

298ae08e.jpg瓶・ギネス・フォーリンエクストラ(330ml)
ビールについて
 1759年の創業以来一貫して、英国型濃色ビールの代表であるスタウトを造ってる。現在ではスタウトといえばギネスを指すほど。本拠はアイルランドのタブリンにあるが製造の中心はロンドン工場。アルコール度数7.5%。世界120カ国以上で販売されてます。アイルランドでは、様々な素晴らしいドライスタウトが作られてます。ドライスタウトは濃い色とクリーミーな口当たりが特徴で、シェリー酒のような刺激もあります。


テイスティングノート
香り
ホップ
 無、(少)、中、強
モルト
 無、少、(中)、強
フルーティーさ
 (無)、少、中、強


ホップの香り
 無、(少)、中、強
ホップの苦味
 無、少、(中)、強
麦の甘み
 無、(少)、中、強

ボディ
 ライト 1・2・3・(4)・5 フル
カラー
 ゴールド・カッパー・(ブラック)

個人的な感想
 ギネスの中で一番度数が高いものです。
 香りはローストした麦の香りとホップの香り。その他にほんのりローストバーレー特有の酸味を予感させる香りがします。
 味わいはまずどっしりとしたローストされた麦のコクとサッパリとした酸味。苦味無強いですがスッキリとした印象が強いです。液体のパンといったイメージですね。
オススメ度は「見つけたら飲んでみよう」
当店に入荷あり

参考になったら「なるほど」←BlogRankingをクリックして下さいね。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔