2005年10月25日

ピルスナーウルケル(Pilsner Urquell) 〜入荷〜

c662ca38.jpgピルスナーウルケル ビール
メーカーのコメント
 世界で最も親しまれているピルスナービールの発祥の地、チェコのピルゼンで1842年に生まれました。ウルケルとは「元祖」という意味で、文字通りピルスナーの元祖のビールです。ホップ特有の苦味がきいた、コクのある飲み口が特徴です。



テイスティングノート
香り
ホップ
 無、少、(中)、強
モルト
 無、少、(中)、強
フルーティーさ
 (無)、少、中、強


ホップの香り
 無、(少)、中、強
ホップの苦味
 無、少、(中)、強
麦の甘み
 無、(少)、中、強

ボディ
ライト 1・2・(3)・4・5 フル

個人的な感想
 ドイツのオクトーバーフェストに行ってきた方から戴いたチェコ直送(?)缶のピルスナーウルケルです。
 緑色の瓶のビールはお日様に弱いためになかなかテイスティングする気になれなかったのですが缶なのでそこは大丈夫!
 香りはコクのある麦の香りとホップの香りが混じりあってピルスナービールらしいしっかりとした香りです。
 味も苦味、麦、ホップの香り共にしっかりしていて飲み応えのある味わいです。
 まさにこれぞ「元祖」の名に恥じないビールだとおもいます。
 ただし、瓶の物は日陰にあるものか、箱に入っているものを選んでお日様を避けたほうがいいとおもいます。
オススメ度は「見つけたら飲んでみよう」
当店に入荷あり

参考になったら「なるほど」←BlogRankingをクリックして下さいね。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔